Background Image

売上が上がる!想いも伝わる!ホワイトボードアニメーション作成の5つのポイント

売上を上げる為の5つのポイント

お客様に自社の製品やサービスを購入してもらうために、動画の内容に組み込んでおくとお客様に商品・サービスの魅力が伝わり行動してもらいやすくなるポイントをご紹介していきたいと思います。

1・行動を起こさせる要点を押さえる

まず、お客様が行動をしてくれる為には以下の5つの内容を押さえるとお客様は行動をしやすくなります。

  1. お客様の悩みを理解し、共感することができている。
  2. お客様の抱えている悩みの解決法を教えることができている。
  3. 自分の商品・サービスの魅力をわかりやすく伝えることができている。
  4. お申し込みまでの障害を取り除いてあげることができている。
  5. 申し込みまでの手順をわかりやすく説明し、行動に移してもらうことができている。

以上の5つができていると大きな成果(数多くの契約など)をあげることができます。

ホワイトボードアニメーションでもこの5つの内容が入っているとお客様が納得して次の行動に移してもらえます。(詳しく書いてある説明を読む・問い合わせページを見るなど)

この5つの要点を押さえるために以下の質問を自分にしてみると良いと思います。

「自社のサービスを使用するお客様の悩みは何?」
「お客様はどんな問題を解決したいと思っていますか?」
「お客様の悩みの解決方法は何?」
「お客様の悩みが解決できてお客様がどうなるのか?」
「お客様に伝わるように商品・サービスを一言で説明するとしたらどんな文章になる?」
「お客様が不安になることがあるとしたら何?」
「実際にサービス・商品を使用したお客様の声はどんなものがある?」

2・お客様に役に立つ情報を伝える

お客様が「自分に役に立つ」と思って頂くために以下のことを意識すると良いです。

わかりやすく・具体的に書く
抽象度が高く、何が言いたいのかわからない表現は避けましょう。

専門用語は使ってはいけない
一般のお客様が知らない専門用語の使用は避けましょう。

視聴者(お客様)に焦点を当てる
自分の言いたいことではなく、お客様が欲しい情報を伝えましょう。

どんな良いことがあるのかを伝える
何を提供できるのか?自分と関わるとどんな良いことがあるのか?しっかり伝える。

「自分に役に立つ」と思って頂くためにお客さんに聞くのも一つの手です。
サービスを既に申し込んでいる人に以下の事を聞いてみましょう。

「何が決め手でこのサービスを利用しようと思いましたか?」
「どんな問題を解決したいと思ってこのサービスを利用しましたか?」
「このサービスを受けてみて、一番役に立ったことは何でしたか?」

3・視聴者の不安を払拭する

動画を見てくれた人の不安を払拭しないと問い合わせなどの具体的な行動を起こしてもらえません。

多少不安があっても問い合わせをしてくれる人もいますが、「実は・・◯◯が最初は不安だった・・・」という声がある場合があります。

この場合ですと、同じ理由で問い合わせをしてこなかった方がたくさんいる可能性があります。その不安があると見込み客を逃している可能性があります。

ですので、不安は払拭してあげましょう。

「どのような内容を動画に組み込めば不安を払拭できるのか?」と思うかもしれません。

その場合は実際に問い合わせをしてくれた人に聞くのが一番早いです!!
何人かに聞いて、出てくる共通した不安がわかればそれを払拭する内容を入れれば OKです。

とはいえ、なかなかお客様に尋ねることが難しい点もありかと思います。

ここで、いますぐできる不安点のポイントをお伝えします。

【共通していることが多い不安】

  • ◯◯(その職業)って何?
  • どんな内容を相談すればいいの?(話ができなかったら・・内容はどうしよう・・など)
  • 相談のイメージができなくて不安
    どういう流れで?準備はいるの?どういう所で相談するの?など

想像できないこと、初めてのことは人間なら誰でも不安で怖いものです。

問い合わせをしてから一体どんな流れで相談を進めていくのかをありありとイメージできるように案内することが必要な場合もあります。

  • 問い合わせ後はどのような手段で、どのようなやり取りがあるのか
  • 時間はどのくらいかかるのか?
  • 何回行うのか
  • 事前に準備する必要はあるのか
  • どんな流れで進められていくのか?

問い合わせから終了までの一連の流れが全てわかるように伝えてあげましょう。画像やイラストと合わせて上手く使うのも効果的です。

売り込みがないか不安という方も多いですので対面で話しをする多くの人は「何か売られるのでは?」と思うものです。

「相談回数が増えるのでは?」と不安になることもあります。
→無理な売り込みや押し付けは一切しないことをしっかり伝えることが大切です。

以上のようなお客様が不安になることを動画の中で解消してあげることを伝えるとお客様が行動をしやすくなります。

4・他社との違いを伝える。

今の時代はインターネットが発達して情報が多く、比べられやすいです。
そこで他との違いや自社の強みを動画の中でしっかり伝えることが大切です。

他社との違いを考える上で何が競合かを考えることも大事です。
そのためにもお客様の視点から考えて何が競合になるのかをしっかり考えましょう。

【例:商品販売の場合】

  • インターネット
  • 直接店舗にいく
  • 営業マンに直接会う

それぞれにメリットデメリットがあります。その違いは何か?どこがどう違うのか?を考えてみましょう。

競合との違いを伝える時の注意点としては、否定だらけにならないように注意しましょう。

競合の否定ばかりだと自分の都合のいいように言っているのでは?と疑われてしまう。メリットを伝えた上でデメリットを伝えるようにしましょう。

5・解決できる問題・得られる結果を伝える。

サービスの内容だけではなく、お客様がどうなるのかを伝える。

お客様はサービスを受けにくるのではなく、サービスを受けてどうなりたいのか?を求めてきます。

例:マッサージでなく、腰痛を治したい、さらには腰痛のない生活をおくりたい。

お客様は金銭的なメリットがほしい
いくら節約できるのか?いくらお得になるのか?具体的な数字で見せましょう。

お客様はより良い未来がほしい
自分のサービスを受けることでどういう欲求が解決され、どんな今までと違う生活を送れるようになるのか?素晴らしい未来をイメージできるように伝えると良いです。

以上5つのポイントを動画の内容に組み込んでおくとお客様が行動をしやすくなり売上が上がるホワイトボードアニメーションを作成することができます。

プロフィールを伝える動画作成の場合

共感できるプロフィールを作る為に以下のようなことを伝えるとい良いです。

あなたのストーリーを作る

あなたのプロフィールをストーリーで語りましょう!

どういうストーリーがいいのか?

  • 開業〜今までの軌跡
  • 今の職業を選んだたきっかけ
  • 印象的なお客様のこと
  • 生い立ちから今までの経緯

上記の中から自分が一番おもしいと思うものを選ぶ。

できれば、

「他の人がしたことがないような体験」
「苦しい状況からの這い上がった経験」
「感動する話」

を意識すると、読み手の心を動かすことができるストーリーを語ることができます。

「そのような経験がなくて書けない・・・」という方

でしたら印象的なお客様の実例を出しましょう。

ストーリーを伝えることによってあなたはお客様から知らない人ではなくなるので、「相談しよう」と思ってもらえます。

ストーリーを語る時ときのポイントを1つ挙げると、その場にいないとわからないような描写(人の表情、身につけているもの、細かい動作、詳細な場所、抱いた感情など)を入れると、よりリアルで面白いストーリーになります。

詳細なプロフィールを書きましょう
出身校が一緒で仕事に繋がることは良くあることなので詳しく書きましょう。

居住地、出身地、出身校、趣味、好きな音楽、血液型、誕生日、子供の数、性別、年、ペット・・・・等

以上が補足として共感できるプロフィールを作る為のポイントもご紹介致しました。

他の過去の仕事を見る
制作価格について

お問い合わせ/お見積もり/ご注文

制作の流れ・納期・価格に関してはコチラをご覧ください。

お問い合わせ種別

メールアドレス
企業・団体名
ご担当者名
ご担当者名(カナ)
電話番号
郵便番号
都道府県
住所
お問い合わせ内容
弊社からのご連絡方法


動画の種類
例:商品紹介・会社案内・ホワイトボードアニメーションなど
ご希望納品日
動画の長さ
撮影有無
記入欄
その他に撮影内容やご希望予算等ございましたらお聞かせください。

 

■打ち合わせ希望の方:弊社または貴社にてお打ち合わせが可能です(東京近郊に限る)。
■講演・セミナー希望の方:必要事項をご記入の上送信ください。
24時間以内に弊社担当よりご連絡させていただきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

キザキヤのこだわり

 

個人事業主・中小企業向けの映像制作
個人様から法人様まで全ての動画ニーズにお応えします。キザキヤは長年映像の世界で活躍してきたフリーランスが集うクリエイティブ集団です。今の時代、映像はなくてはならいツールの一つです。日進月歩、動画の需要も日々変わっています。「結果を出せる動画」を念頭に、動画作成後もフォローをしクライアント様と二人三脚で映像制作をしています。
「こんな映像を作りたいんだけどお見積りはどれくらい?」「この映像をこれくらいの値段できますか?」「動画は自分で撮ったら編集だけお願いすること可能ですか?」「他社と競合かけたいから見積もりが欲しい」どんな映像でもお見積りをお出しします。お見積りはコチラから。お気軽にお問い合わせください。
誰でも最初は初心者です。これから映像を作ろうと思っている方、何も知らずに映像担当になってしまったご担当者の方、集客動画を作りたいと悩まれている方、映像に手を出してみたけどいまいち効果を実感できなかった方、映像を作るメリット、映像を作らないデメリット、キザキヤの特徴、全てをまとめました。まずはコチラをお読みいただけたら映像制作とは?を分かっていただけるかと思います。動画制作を検討されている方へ

 

実績動画を見る

よく読まれている記事

お気軽にご相談ください

担当が御社へ伺います。
<東京近郊限定>
お問い合わせもこちらから。
<24時間受付>
お気軽にお電話下さい。
<10:00〜19:00(水曜定休)>