ホワイトボードアニメーションとは?2018年度下半期版

ホワイトボードアニメーションについて


皆さん、こんにちは。映像制作キザキヤでホワイトボードアニメーションを制作している大橋です。

最近はYouTubeの運営をさせて頂いたり、実写動画・イラストを使用した動画を制作したり、LINEスタンプを制作したりしていました。

その中で自社以外の映像制作の会社様と関わりを持つ機会が増えています。

自社以外の映像制作の会社様とお話をする中で「ホワイトボードアニメーションの制作」の話や「ホワイトボードアニメーションを使用したい」というお話を聞く事が以前より増えてきているように感じました。

僕が初めた4年前では僕以外の1社しか制作していなかったホワイトボードアニメーションですが、現在では検索するだけでも数社見つけるとこができ、専門では制作していないがメニューの中に入っている会社様も見つける事ができるようになってきています。

僕がやりはじめた時は考えられない状況です。

一般的にも知られる事が増えてきて、密かに注目を浴び始めているホワイトボードアニメーション。

これは日本で最初期からホワイトボードアニメーションに携わっているキザキヤさんとしてはこの機会にさらに皆様にホワイトボードアニメーションの事を知ってもらわなければと思い以前に書いた内容と重複している部分もありますが、再度まとめてみよう思い今回の記事を書くことにしました。

ホワイトボードアニメーションとは?

↑このような動画です

ホワイトボードアニメーションとは一文で表すと「ホワイトボードにマーカでイラストや文字を書きながら同時にナレーションで説明をする。リアルタイム手書き動画」のことです

もともとアメリカのyoutberがdraw my life(ドローマイライフ)という自分の人生を紹介する動画として制作しました。

draw my life(ドローマイライフ)が2600万回転以上再生され世界中で160万以上マネされた動画が制作されるという大ヒットした事で有名になった制作方法です。

アメリカをはじめ世界中で人気のあるPR動画と言える動画です。

ホワイトボードアニメーションの特徴・効果とは

ホワイトボードアニメーションの最大の特徴は

  • 分かりやすく伝わる
  • 最後まで見てしまう

この2つに集約されるかと思います。

分かりやすく伝わる

イラストや図を使うホワイトボードアニメーションは視聴者にシンプルに分かりやすく伝える事ができます。

文章より図やイラストの方が伝えられる情報は10倍多いと言われています。
それだけ図やイラストを使用した方が、瞬間的に伝わる情報が多いので直感的に理解する事ができます。

さらに人間は視覚と聴覚の情報が一致していると理解が増すという習性があるため視覚情報だけでなく、ナレーションという形で聴覚からも情報が入るホワイトボードアニメーションは一層理解が深まり分かりやすく伝わります。

最後まで見てしまう

人間の目は動くものに本能的に反応してしまうのでホワイトボードアニメーションのイラストができていくという部分に注目して見てしまいます。

イラストができていく過程で「どんなイラストができるのか?」「そうきたか!」と楽しみながら見る事ができるのでより一層集中して見てしまいます。

映像制作キザキヤとしてYouTubeチャンネルを運営しています。そのYouTubeチャンネルでもホワイトボードアニメーションを使用しています。

何割の人が最後まで見たのか?という指標の『視聴者維持率』というものがあります。この『視聴者維持率』は大手のチャンネルでも30%あれば良いとされていますが映像制作キザキヤのYouTubeチャンネルのホワイトボードアニメーションは高いもので70%を超えるものがあり、平均としても50%を超えるという数字を叩き出しています。

以上の事から僕自身としても『ホワイトボードアニメーションは最後まで見てもらえる!』という事は実感しています。

ホワイトボードアニメーションの使い方


分かりやすく伝える事ができる
最後まで見てしまう

という特徴から

お客様から

  • 「○○って何なの?」
  • 「口頭で聞いてもよくわからない・・・」
  • 「よく聞く職業だけど結局何ができるの?」
  • 「同じようなものがあるけど違いは何?」

と言われてしまうような

  • 分かりにくい、説明しにくい商品・サービス
  • 形のないサービス
  • 今までなかった新しい商品・サービス
  • 一般的に言葉は知っているけ仕事内容が伝わっていない職業・業種
  • ライバルが多くて、違いや特徴を伝えないといけない

などの職種・商品・サービスの内容をお客様に理解してもらうのにむいていまます

何より集客より集客した後購買に繋げるツールとして利用するのに向いている動画です。

ホワイトボードアニメーションの具体的な使い方


ホワイトボードアニメーションの具体的な使い方としましては

  • ホームページに掲載する
  • ランディングページに掲載する
  • ブログにトップに掲載する
  • ブログの記事の最後に毎回貼り付ける
  • メールで送る
  • チラシにQRコードを記載して動画に誘導する
  • 名刺にQRコードなどを記載して動画を見てもらう
  • YouTubeにアップロードする
  • Instagramに投稿する
  • Facebookに投稿する
  • Facebookページのトップに固定しておく
  • LINE@で送る
  • 店頭のディスプレイやデジタルサイレージで流す
  • iPadやスマホで営業の時に見せる
  • 展示会などで流す
  • TV・WEBCMで流す

などで使用する事ができます。

ホームページに掲載する

一番多い使い方になると思います。ホームページのトップや商品ページなどに掲載する方法です。ホームページに来たお客様に興味を持ってより一層自社の商品・サービスの良さを理解してもらう事ができます。

ランディングページに掲載する

ホームページと同じようにランディングページに掲載する事も可能です。
ランディングページに掲載することによってお客様に興味を持って頂いたり理解を深める事ができます。

紹介動画より自己紹介動画にしてご自身や会社様のストーリーを紹介する方がいいと思います。

ブログにトップに掲載する

アメブロなどのブログのトップに掲載します。トップに固定して掲載する事によってブログを訪れた人にどんな思い出仕事をしているのか?どんなものをお客様に届けようとしているのかが伝わり、ホワイトボードアニメーション以外の記事も注意深く読んでもらう事に繋がります。

ブログの記事の最後に毎回貼り付ける

毎回ブログの最後に簡単な1文とともに掲載する事によってホワイトボードアニメーションがお客様に見てもらえる機会が増え、お客様に商品・サービスの良さがより一層伝える事ができます。

メールで送る

メールに添付して送るだけですが、まだ会っていないお客様の場合、初めて会ったお客様の場合、既存のお客様の場合といった3つの使い分けができます。

まだ会っていないお客様の場合
WEBからの問い合わせやご紹介頂いた方に自分のしている事を伝えるのに役立ちます。長々と自己紹介の文章を送るのは現代の忙しいビジネスパーソンに送るのは迷惑になりがちです。

そこで『動画を見てください』と簡潔に伝える事で相手への負担も減り、好印象を与える事ができます。

初めて会ったお客様の場合
初めてお会いした方にお礼に文章とともに添付する事によって、嫌味なく再度自社のことを伝える事ができます。

既存のお客様の場合
連絡を最近していないお客様や違うサービスを利用したお客様にご案内する事によって自社の良さや特徴を再度理解してもらう事ができリピートを狙う事ができます。

チラシにQRコードを記載して動画に誘導する

チラシから誘導する事で文章だけでは伝えきれなかったニュアンスの部分などを伝える事ができるのでお客様の商品に対する理解を深める事ができます

名刺にQRコードなどを記載して動画を見てもらう

名刺に記載しておく事で、名刺の整理の際や何をしている人だっけ?という時に思い出して頂く事に繋がります。

YouTubeにアップロードする

ホームページの誘導の一環としてYouTubeで使用する事ができます。
YouTubeアップロードする事で他のSNSなどでのシェアがしやすなります。

Instagramに投稿する

1分以内であればInstagramに投稿する事ができますので、Instagramと相性がいい業種の方でも利用する事ができます

Facebookに投稿する

Facebookにシェアする事で繋がりのある方に自分のしている事を嫌味なく伝える事ができ眠っている需要を起こす事に繋がります。

Facebookページのトップに固定しておく

ブログと同じようにFacebookをお持ちの方はトップに固定ができますので、Facebookページに訪れた方にまず自社のことを理解してもらう事ができます。

LINE@で送る

LINEで既存のお客様に案内する事で、自社の価値を再認識して頂けるので眠っている需要やアクションを呼び起こす事に繋がります。

動画内に特典の案内を入れる事で動画を見てもらいやすくする事も可能です。

店頭のディスプレイやデジタルサイレージで流す

店舗を持っている方やデジタルサイレージを導入している会社様であれば、目を引きやすいホワイトボードアニメーションを使用することでお客様の足を止める事ができるので記憶に残り何かのタイミングで来店に繋がるようになります

iPadやスマホで営業の時に見せる

iPadやスマホで見せる事ができるので、営業の時やちょっとした時にお客様に自社の商品の説明が可能です。

「面白い動画があるんですよ!」と話題の一つとしても利用可能です

展示会などで流す

目を引きやすいホワイトボードアニメーションを展示会などで流す事によってお客様の足を止め、声をかけるきっかけ作りに役立ちます

TV・WEBCMで流す

広告を使用して動画を流す事ももちろん可能です

既存のお客様に再度自分たちの商品・サービスを知ってもらう
新規のお客様に詳しく自分たちの内容を知って頂き購入へと行動を移して頂く

などの用途によって使い分ける事によってさらに効果を発揮します。

ホワイトボードアニメーション実績紹介・具体的な使用事例


キザキヤで制作する事が多いのは不動産・保険業界・WEBをメインとしたサービス・司法書士・弁護士・行政書士・弁理士といった士業の方からの問い合わせが多いです。

その次に形のないサービス業の制作をさせて頂く事が多いです。

キザキヤで制作した実績紹介・具体的な使用事例は下記ページをご覧いただけたらと思います。

映像制作キザキヤ実績動画一覧

ホワイトボードアニメーションを制作したお客様の声

保険代理店G様

初めて拝見した時、見入ってしまった為にすぐに制作をお願いしました

税理士法人T様

私として一番気に入っているのは、他の税理士がやっていないからです!とても気に入ってますよ(^^)/

行政書士・社会労務士事務所Y様

ホワイトボードアニメーション、非常に評判がいいです。
アメブロとホームページの冒頭にホワイトメッセージを貼っていますが、この動画を見てまずは安心できる、信頼できるということで確かな依頼人が伸びました。面談した結果動画のとおりの人物ということでほぼ100%成契できています。
また、セミナーや講習会で冒頭この動画を自己紹介がわりに見ていただきますとあとのセミナーが非常にやりやすくなっています。
特長を良くとらえたホワイトメッセージ・・・・次回はよりカラフルに作成をお願いしたいと思っています。

通販サイト様

訪問者数が増えた。

ホワイトボードアニメーション公開前の月(2015年2月)に対して、公開後の月(2015年3月)の1日あたり訪問者数平均が、通販サイトで1.57倍、ブログで2.08倍になりました。

早期にSEOの効果がでるたGoogleで「手ぬぐい 使い方 動画」と検索すると、トップページ(10位以内)に2件表示(Facebookとアメブロ)「手ぬぐい 使い方 簡単」で検索すると、
トップページに3件表示(Youtube2件とFacebook)

行政書士事務所様
行政書士は何をする人?ということはなかなか馴染みがないのですが、仕事内容を分かりやすく紹介する動画を作って頂いたことで「こんな仕事をしているんだ」と理解して頂ける機会が増えました!

デザイナー様
わかりにくい料金体系をホワイトボードアニメーションでスッキリ説明してくださって、とても助かっています。しかも情報量が多いのに可愛いキャラクターで表現してくださっているので、うっかり最後まで見てしまうようです。ありがとうございます。

セミナー講師様

自分の職業・仕事のことを何とか伝えようといろいろと自分なりに工夫をしていました。

ホワイトボードアニメーションも、もしかしたら、その伝えるための一つの方法かな?と思い、「まぁ、お試し・・・」の軽い気持ちだったのですが、
最初に絵コンテを見た瞬間にそんな軽い気持ちは吹き飛びました。「とてもいいモノが出来そう!」という、とてもワクワクした期待感でいっぱいになりました。

そして、実際に完成動画を受け取った時には、何度も何度も見返すほど、感激しました。

わたし自身がとてもこの動画を好きになりました。

まだまだ見てもらっている人は少ないのですが、実際に見て頂いた方たちからは、とても好感触です。
「見入ってしまった」とか「最後まで思わず見てしまいました」など、こちらの予想を超える反応です。

そして、この動画は、わたしのサービスである会計という、取っつきにくい・分かりにくいモノを、だいぶ、その敷居を下げてくれているように思います。
これからも、この動画を活用させて頂きたいと思います。

ありがとうございました。

ホワイトボードアニメーション制作までの流れ


実際に制作する場合は映像制作会社様でそれぞれだと思いますので、映像制作キザキヤで制作する場合の流れをご紹介させて頂きます。

問い合わせ
お問い合わせフォームより必要事項を記載しお問い合わせをください。
お問い合わせを頂きましたら折り返しご連絡させて頂き、内容の確認をさせて頂き、打ち合わせのお日にちを決めさせて頂きます。

内容打ち合わせ
方法:直接お会いして(都内限定)もしくは電話・Skypeなど
所要時間:1時間程度
打ち合わせを行いどのような用途で使用為るのか?どのような内容にするのか?をヒアリングさせて頂きます。

ナレーション原稿作成
打ち合わせご:1〜2週間程度
キザキヤでは打ち合わせの内容を元にまずはナレーション原稿を制作いたします。内容を確認頂いて修正があれば修正を行い絵コンテの作成に移ります。

絵コンテ作成
ナレーション原稿制作後:2〜3週程度
制作したナレーションを元に具体的なイラストを制作し演出などを説明した絵コンテを作成しお客様にご確認頂きます

動画の制作・編集
絵コンテ制作後:1ヶ月程度
お客様に確認頂いた内容を元に動画部分の撮影・編集を行い、動画を制作致します。

動画の修正・納品
完成した動画をお客様に確認頂き修正部分があれば修正を行い、お客様の確認が済めば納品して終了となります。
※納品方法は特に指定がない場合はインターネットからダウンロードして頂く形になります。

ホワイトボードアニメーション制作価格


映像制作キザキヤではホワイトボードアニメーションの制作価格は秒数ごとにさせて頂いています。

ナレーション原稿作成・ナレーション作成・BGM・税込みのコミコミプランで

30秒  ¥150,000
60秒  ¥220,000
90秒  ¥300,000
180秒 ¥500,000

Webで使用することを考えているクライアント様が多いのでWEBで飽きないで見てもらえる限界点が90秒という事もあり

一番人気なのが90秒¥300,000のプランになります。

詳しくはこちらの価格表をご覧頂ければと思います。映像制作キザキヤ価格一覧

ホワイトボードアニメーション特別企画


キザキヤが独立して4周年がもうすぐ経ちます

その4周年を記念して特別企画をご準備しました!!

この記事を最後まで読んで頂いた方5名様限定で

ホワイトボードアニメーション制作半額セールを行います!!

一番人気の90秒プランなら ¥300,000 → ¥150,000

になるという事です。

5名様限定・2018年10月いっぱいまでの特別サービスです!!

お早めにお申し込みください!!

お問い合わせの際に「4周年特別プランみました」と記載頂くかお電話の場合は口頭でおっしゃっていただけたらと思います!!

お問い合わせはこちら

お問い合わせは上の「お問い合わせはこちら」をクリックください

最後に

制作依頼まではいかないけどホワイトボードアニメーションを作ってみたい!という方向けにホワイトボードアニメーションを自作する方法も公開していますので是非そちらをご覧ください!!

ホワイトボードアニメーションの作り方

価格一覧

実績動画一覧

キザキヤのこだわり

 

個人事業主・中小企業向けの映像制作
個人様から法人様まで全ての動画ニーズにお応えします。キザキヤは長年映像の世界で活躍してきたフリーランスが集うクリエイティブ集団です。今の時代、映像はなくてはならいツールの一つです。日進月歩、動画の需要も日々変わっています。「結果を出せる動画」を念頭に、動画作成後もフォローをしクライアント様と二人三脚で映像制作をしています。
「こんな映像を作りたいんだけどお見積りはどれくらい?」「この映像をこれくらいの値段できますか?」「動画は自分で撮ったら編集だけお願いすること可能ですか?」「他社と競合かけたいから見積もりが欲しい」どんな映像でもお見積りをお出しします。お見積りはコチラから。お気軽にお問い合わせください。
誰でも最初は初心者です。これから映像を作ろうと思っている方、何も知らずに映像担当になってしまったご担当者の方、集客動画を作りたいと悩まれている方、映像に手を出してみたけどいまいち効果を実感できなかった方、映像を作るメリット、映像を作らないデメリット、キザキヤの特徴、全てをまとめました。まずはコチラをお読みいただけたら映像制作とは?を分かっていただけるかと思います。動画制作を検討されている方へ

 

実績動画を見る

お気軽にご相談ください

担当が御社へ伺います。
<東京近郊限定>
お問い合わせもこちらから。
<24時間受付>
お気軽にお電話下さい。
<10:00〜19:00(水曜定休)>