プレミアプロで文字を一文字ずつ動かす

皆様、こんにちは。映像制作キザキヤでホワイトボードアニメーションを担当している大橋です。

今回はプレミアプロの使い方で文字やテロップなどを1文字ずつ表示させたり、動かしたりする方法をご紹介させて頂きます。

プレミアプロで1文字ずつ文字を表示させる

最初にpremier proで文字を一文字ずつ表示させる使い方をご紹介します。


↑こんな感じで文字がでる動画の作り方です。

まずは、表示させる文字を制作していきます。

プレミアプロを起動してファイル→新規→レガシータイトル。

名前を決めて、OKをクリック。

Tボタンを選択して文字を入力した場所をクリック。

そして文字を入力。

フォントとカラーを変更。

このままだと文字が分かりくいので、ストローク(外側)の追加をクリック。

そうすると、文字の周りに枠ができます。

文字の入力画面を閉じます。作成したレガシータイトルがプロジェクトに追加されているのでこれを投げ入れます。そうすると、動画に文字が表示されるようになります。

※ストローク(外側)内の『カラー』と『サイズ』を変更して白色の枠に変更しました。

作成したレガシータイトルを元に他の文字を作成していきます。作成したレガシータイトル上で右クリックを押して複製を作ります。

複製されたレガシータイトルをダブルクリック。文字の入力画面が出るのでTを選んで『映』を消して『像』を入力します。

00:00:00:05の秒数の所に並べます。場所がずれていたらエフェクトコントロールの位置の数字を変更して調整します。

後は、同じように、複製→文字変更→00:00:00:05ずつずらして並べる→位置の調整を繰り返します。

どんどん並べます。

最後に位置が全体的に右寄りだったので調整しました。

これで文字が一文字出てくるようにできました。好みに合わせて秒数の感覚・位置を調整してください

プレミアプロで1文字ずつアニメーションをつける

上の『プレミアプロで1文字ずつ文字を表示させる』で作った文字にピョコピョコ文字が出てくるアニメーションをつけようと思います。


こんな感じの動画です。

先ほど作ったものをそのまま使っても大丈夫ですが、今回は別にシーケンスを複製して使おうと思います。

先ほど作られたシーケンス上で右クリック→複製でシーケンスが複製されました。複製された方を加工していきます。

エフェクトコントロールのアンカーポイントを選択。そうすると、マークが表示されます。

マークをドラッグして文字の中心に移動させます。

文字のクリップの先頭に合わせてスケールのストップウォッチのマークをクリックして数字を0にします。

00:00:00:05ほど秒数を移動させてスケールの数字を105にします。

00:00:00:03ほど秒数を移動させてスケールの数字を100にします。

動きが微妙だったので2つ目のスケールのサイズを110に変更しました。

同じ作業を全ての文字で行えば完成です。

プレミアプロで1文字ずつアニメーションをつけるその2

上のものを元にちょっと違う動きをつける方法をご紹介させて頂きます


↑こんな感じの動画です

『映』以外の文字のアンカーポイントを『映』と同じ位置にします。

動かした時に文字の場所がずれるものがるのでその場合は位置の項目を変更して調整してください。

プレミアプロで1文字ずつアニメーションをつけるその3

さらに別の動き方をするものを作成します。元にするのは2つ目に作ったです。


↑こんな感じの動画です

文字が出て表示させる場所を全て同じにします。

必要に応じてアンカーポイントなども移動させて調整してください。

このままだと文字が残ってしまいますので、不透明度を調整していきます。赤丸のあたり、2個先の文字の最初に不透明度のストップウォッチのマークをつけて数字は0にします

上の文字の最初に合わせて100にします。これを全ての文字で行います。

最後に

以上でプレミアプロ Premiere Proで文字・テキストを一文字ずつ動かす使い方のご紹介を終わりとなります。

そのほかにもプレミアプロやアフターエフェクトで動画編集の仕方を公開していますのでご覧いただきましたら幸いです。

プレミアプロ Premiere Proの使い方 初心者から始める動画編集まとめ記事

実績動画一覧はこちら

価格一覧

トップに戻る