動画を作成したのに再生数が上がらない方へ

スクリーンショット 2016-06-06 20.36.20

ホワイトボードアニメーションを制作しているキザキヤこと大橋 吏です。

先日ホワイトボードアニメーションのセミナーをする機会がありその中でyoutubeでのアクセスアップのコツをお話ししたら大変皆様に好評だったために皆さまにもお伝えしようと思い記事を書くことにしました。

youtubeに動画をアップしても再生数が上がらない・・・・

「youtubeに動画をアップした」だけでは見てもらえないことが多いです。それは、ホームページと同じで視聴者は検索をして動画を見に来るからです。

ですので、見てもらいたい方がどのようなキーワードで検索するのか?

ということを考えて

タイトル

説明

キーワード

を書かなければいけません。

タイトルについて

動画の再生数がほとんどない会社様がやりがちなのが「株式会社◯◯」とだけタイトルと説明の部分に書いてしまうことです。
動画の検索をする場合、株式会社◯◯で検索する場合は普段では中々ありません。

ですので、お客様が検索しそうなキーワードを考えてタイトル・説明の部分を考える必要があります。

例えば住宅購入を検討しているお客様を対象にしている会社さまなら

住宅、予算、家づくり

などの検索して頂けそうなキーワードをタイトルとタグにいれる。

保険会社様なら

保険、活用、保険料控除、損

などを入れてみるといいかも知れません。

説明にいれるべき部分

説明の部分も検索に引っかかる可能性があるので、なるべく不必要かも?と思う情報でも書いておいた方がいい部分になります。

会社名などを入れる場合はyoutubeの説明の所に入れておきましょう。

大切なことは動画を見た方がホームページに訪れてくれるよう流れを作るために、自社のURLをyoutubeの説明の所に入れておくことです。
こちらは忘れないようにしましょう!!

タグについて

タグは検索してもらいたいキーワードを入れる部分になります。

タイトルで入れたキーワードに加えて検索しそうなキーワードをタグに入れておきましょう。

商圏が限定されている企業様なら地域名を忘れずに入れておきましょう。商材やサービスによっては地域名を入れて検索する方がいるからです。

ですので、見込み客にリーチしやすくなります。

カスタムサムネイルについて

youtubeの待ち受け画面(youtube内で動画が表示される時のアイキャッチの部分)のことをサムネイルと言います。

このサムネイルを「自分の好きなものに変えることができる」機能がカスタムサムネイルです。

サムネイルは通常動画内の中からランダムに3コマが選ばれます。
どこが使われるかわからないので、視聴者が反応しない画面が選ばれてしまうことも多いです。

そこで、カスタムサムネイルにすると自分で作成した画像をサムネイルに指定することができます。
カスタムサムネイルを使用することによって、検索した動画が同じようなタイトルで並んでいた時など視聴者がクリックしやすくなります。

結果、再生数が通常のサムネイルより再生数が上がりやすくなります。

動画の拡散も忘れずに!!

「動画を作ったんだけだけど反応がないんだよね・・・・」という声をたまに聞きます。

大手の会社様のようにテレビでCMをガンガンに流して、広告を打って・・・!!ということをしない限り動画はインターネット上で公開しただけでは再生数は上がりません。

率先して自分たちで拡散していくことが大切です。

・Facebook・インスタグラムやツイッターなどのSNSで定期的に発信する

・自社のブログや個人のブログで毎回記事の前後に乗せる

・イベントの際に毎回流す。

・メールでお知らせをする。

などなど自分たちでコツコツ拡散をしていくことが大切です。

面白くて、いい動画を作成しても人の目に触れなければ意味がありません。

youtube広告について

コツコツやる時間がない・・・

という方であればyoutube広告が便利です。

地域や性別など広告を見る対象を指定できて、1再生2円~から広告を出すことができます。youtube広告を使用することによって数万円で1万回動画を見てもらうことができてしまいます。

低予算で手間もかけずに見たい人に見てもらうことが可能になります!!

すでにご存知の情報も多いかも知れませんがみなさまのお役に立てて頂けたらと思い今回の記事を書いて見ました!!

以上youtubeで再生数を上げるコツでした!!ホワイトボードアニメーションキザキヤ

[button color=”#ee5458″ title=”ブログTOPへ” icon=”icon-right-hand” size=”big” url=”https://kizakiya.redaatore.com/kizakiya_blog/”]