プレミアプロPremiere Proで画像をトリミングする

皆様、こんにちは。映像制作キザキヤでホワイトボードアニメーションを制作している大橋です。

今回はプレミアプロで使用する画像のトリミングやワイプのように一部だけ表示させて配置する方法についての記事を書かせて頂こうと思います。

プレミアプロ Premiere Proで画像を配置する

まずは使用する画像を読み込んで配置をします。

プレミアプロ起動して、新規プロジェクトを作成。

保存先と名前を決定してOKをクリック。

ファイル→読み込みをクリック。

使用したい画像を指定して読み込みをクリック。

そうすると左下の枠に画像が読み込まれます。まだ画像を読み込んだけで動画には表示されないので動画のタイムラインに配置をします。

読み込まれた画像をマウスでドラッグして、上の四角の枠の中ではなします。

左上の画像の下のマークをドラッグして右下にドラッグしてはなします。そうすると動画のタイムラインに並べられました。これで使用した画像の配置が終了しました。

拡大・ズームでトリミングする

配置した画像のクリップをクリックして選択した状態で、左上のエフェクトコントロールをクリックします。

エフェクトコントロールの中のスケールという数字を増やすと拡大されます。

位置の項目の数字を変えると画像の位置が変わりますので、スケールと位置の項目の数字を変えて画像の表示させたい場所のみを表示させれば画像のトリミングの完了です。

プレミアプロ Premiere Proで画像の一部分のみ表示させる

スケールを使用した拡大では画像が画面いっぱいになってしまいます。一部のみを表示させるにはエフェクトのクロップを使っていきます。

エフェクトをクリックしてトランスフォーム→クロップをドラッグして、画像のクリップ上で離します。

そうすると、エフェクトが適応されます。(エフェクトコントロール内に追加されます)

エフェクトコントロールのクロップ内の左、上、右、下の項目の数字を変更して表示さたい部分を表示させます。例として画像のように上の項目の数字を変更すると上部が黒くなっていきます。

右の項目の数字を変更すると、右側が黒く表示されなくなっていきます。上と右の項目の数字を変更すると、上の画像のよう左下のみが表示されるようになります。

プレミアプロ Premiere Proでワイプ風に表示させる

TVなどでよく見るタレントさんが丸い円の中にいてリアクションを取っているようなワイプ風に表示させる方法です。

エフェクトコントロールのクロップ内の丸い円のマークをクリックします

右上の画像上をドラッグして表示させたい部分を円の中に入れます。円ができたら四角の部分をドラッグすれば大きさが変わりますので調整してみてください。

そして、反転の項目にチェックを入れると

そうするとワイプ風に丸の中に画像が表示されます。

後は、位置の項目の数字を変更して場所を移動することができます。さらにスケールを変更するとサイズが変わりますので必要に応じて調整をすれば完成です。

最後に

以上でプレミアプロ Premiere Proで画像のトリミング・一部表示させる方法のご紹介になります。

その他初心者向けのプレミアプロの使い方をご紹介ていますのでご覧頂けたましたら幸いです。

プレミアプロ Premiere Proの使い方 初心者から始める動画編集まとめ記事